エンジンオイル交換の目安

エンジンオイル交換の目安についての説明です。
エンジンが円滑に動くためにエンジンオイルは大切な働きをしています。
点検は簡単なので、ドライブ前には必ずするようにしましょう。
また、古いオイルは燃費を悪くするので、交換は早めにしましょう。そのためにもエンジンオイル交換の目安について知っておくことは大変大事なことになります。

エンジンオイル交換の時期(目安)

エンジンオイル交換の目安となるのは、一般的には半年ごとを基準にし、その間に5,000kmを超えたら交換するという、時間・距離の併用で考えると良いでしょう。ただし、距離においては、高性能エンジン車の場合は3,000kmをエンジンオイル交換の目安と考えます。

エンジンオイル交換の目安についてもっとくわしく

エンジンオイル交換の目安についてもっと詳しく説明してみましょう。

一般車両の場合
ベースオイルが鉱物油の場合、エンジンオイル交換の目安は 3,000~5,000km毎もしくは6ヶ月ごと
ベースオイルが化学合成油 の場合、エンジンオイル交換の目安は6,000~10,000km毎もしくは12ヶ月ごとというのが基準になります。

ターボ車の場合
ベースオイルが鉱物油の場合、エンジンオイル交換の目安は1,500~3,000km毎もしくは3ヶ月毎
ベースオイルが化学合成油(*)の場合、エンジンオイル交換の目安は 3,000~5,000km毎もしくは6ヶ月毎

但し、以下のような過酷な条件下では交換サイクルは早まります。通常の半分の走行距離、期間がエンジンオイル交換の目安となります。

・未舗装路でのひんぱんな走行
・短距離走行の繰り返し
・ひんぱんなアイドリング状態
・けん引車として使用
・寒冷地での使用など。

(*)化学合成油は、高価ですが鉱物油に比べ交換サイクルを長く出来ます。鉱物油の倍もちますので、鉱物油が交換2回のところ1回で済ます事ができますので、一概に高いとは言えません。

エンジンオイル交換が必要なわけ

エンジンオイル交換の目安に基づいてエンジンオイルの交換をすることは、とても重要なのですが、ここではその必要性について考えてみます。
オイルはエンジンの働きを助ける作用をしています。オイルは使っていくうちにその性能が低下し、次第にその役目が果たせなくなります。そして最終的にはエンジントラブルの原因となります。エンジンを良好な状態に保つために、定期的なチェックと交換が必要というわけなのです。

エンジンオイル交換の目安に基づいてオイルを交換しないとどうなる?

エンジン内部では、燃焼によってオイルなどの劣化物が常に生成されています。オイルはこれらの生成物を分散し、内部をクリーンにしているのですが、次第に劣化していきます。性能が低下して劣化物を分散できなくなると、劣化物によってピストンが磨耗したり、オイル通路が目詰まりしてオイルの供給不足による焼き付きが起こるなどのトラブルを引き起こし、結果的にエンジン寿命を短くすることになります。
また、 長期間オイル交換をしないで走行していると、エンジン内部が汚れ、その後何回オイル交換をしてもエンジン内部がキレイになりません。また、走らなくてもオイルは劣化していくので、その点注意が必要になります。

最新の車でのエンジンオイル交換の目安

エンジンオイル交換の目安は、半年または5,000kmといいました。しかしながら最近の新車では、エンジンオイル交換の目安は10,000kmとか、15,000kmなどといわれているものもあります。
これはいわゆる「オイルの補充」または「継ぎ足し」を考慮に入れているということだと思います。
つまり、車両の説明書には「オイルの量を点検し、減ったら補充してください」と記入されています。これはオーナー自身ではエンジンオイルの交換は困難だろうし、少しでも負担を減らそうということなのかもしれません。
しかし補充や継ぎ足しでは応急処置のようなもので、注入される新しいオイルの性能はとても発揮できません。やはりエンジンオイル交換の目安としては、通常は補充で済まして10,000kmとか15,000km走ったところでエンジンオイルを交換するのではなく、半年または5,000kmの交換を心掛けることがエンジンのためにもいいのではないかと思います。

オイルフィルターの交換

オイルフィルターはエレメントともいい、オイルに含まれた金属粉や汚れを取り除くものです。交換時期はオイル交換2回に1回するようにします。オイルを抜いてから作業します。なお、フラッシングオイルを使ったときは、必ずフィルターも交換する必要があります。

フラッシングオイル

オイルフィルターを交換する時にフラッシングオイルを使うとエンジン内部をきれいにすることが出来ます。
オイルの汚れがひどいときにもフラッシングオイルを使うとエンジン内部をきれいにすることが出来ます。
オイルの中に入れ、約15分エンジンを回してからオイルを抜きます。効果的なのはオイルタイプです。